2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

2017.06.18 (Sun)

ペアとは梨のことだったのか

6月17日(土)東京都稲城市ペアステージ

4月に続いて、また参加させて頂きました♪

宮里早織さん、Ns. aoiさん、村上響子先生、小鳥遊、水祈
IMG_20170617_1

村上先生は打楽器の国際コンクール(2015年、イタリア)で3位に入るほどの実力者です。

今回、1stミニアルバムが出たので買ってきました。
IMG_20170617_2

9分ほどのアルバムですが、気が付くと終わっているくらい短く感じます。
マリンバの音から波紋が見えるような瑞々しい感じ。

音に潤いがあるような響きです。


宮里さんとaoiさんはライブハウスでの歌を聴いたことがあったのですが、野外は初めて聴きました。

2人とも、どんな場所でも実力を発揮できるんだと知りまして・・・。

これは、是非ともウチの企画にも呼びたいと思いました。

そのためには、呼ぶだけに値する実力を、ウチ自身も小鳥遊も付けて行かないといけないなと。

目標がたくさんできて嬉しい限りです。(^o^)

そうそう、個人的に、今回すごく感動したことが2つありまして。

☆さおぴ(宮里早織)の歌で子供がリズムに乗っていた
幼稚園の年長くらいですかね?宮里さんの明るい衣装と、太陽のような人柄が子供にも伝わるんだと思います。
ちょっと大きくなったら自分でも歌いたくなるんじゃないでしょうか。
もし、そうなったとしたら10年後に共演とか!?

まぁ、実際にこういう話は創作活動をやっているとたくさん聴きますし。
音楽の輪をどんどん広げていって欲しいですね。

-さおぴの最新情報はツイッターで-

☆aoiちゃんの握手で笑顔に!?
真顔でずっとステージを観ていたマダムがおりまして。
もちろん、つまらないから真顔というわけではないのは分かっています。
(日本人は特に真顔になりやすいので)
しかし、aoiちゃんと握手してからはイベントが終わるまでずっと笑顔だったんですよ、その方。

やっぱり、これも人柄なんでしょうね。笑顔は伝染するなんてよく言いますけど。

-aoiさんのツイッターはこちら-

生徒さん+小金井から来たゲスト奏者も交えた打楽器アンサンブルは、観ていて勉強になりました。
じつは、解説を聞くまでマリンバがアフリカ起源だってことを知らなかったんですけど、やっぱり音楽の根幹は『叩く=リズム』ということなんでしょうかね。

金子さんのクラリネットはBGMに最適です。木管楽器の持つ温かみはマリンバの潤いと共通するものを感じますね。

可能ならば今回の打楽器アンサンブルみたいな感じで、出演者同士の共演も観たいです。
PAが泣いても、それはそれで。(^^;)

トリに登場する、高橋さん森谷さんのピアノ+ボーカルユニットですけど、次回にはユニット名が決まるんでしょうか?

ウチが観たのは2回目ですけど相変わらず選曲のセンスが凄まじい。
(ローラで始まるとは流石に予想できないデス)

伸びのある声をどうやって身に付けたのかと思ったら、音大の声楽科出身だとか。
なるほど、どうりで。

今回は、娘さんまでゲストで登場しましたけれども、次回は1曲歌って欲しいと思いました。
(今回は猫の声真似だけでしたけど、結構良い声だったので)


そんなこんなで、今回も凄く良いイベントでした。

なお、ペアステージのペアとは梨のことだったみたいです。
まったく気づきませんでした。(^^;)
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活 ジャンル : 音楽

16:38  |  音楽日記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |